写真展「生死をあきらむる」

谷藤幹枝×岩橋由希子写真展/新潟市芸術文化振興財団助成事業

「生死(しょうじ)をあきらむる ~記録と記憶の境界線~」

会期;令和3年10月16日(土)~10月21日(木)

時間;10:00~20:00 無料

会場;中央区東堀通6-1051-1G.E ビル7階

一人の乳がん患者の5年の軌跡。

撮り溜めた記録は、イメージへ、そしてアートへと劇的に転ずる。

その傷は、

創なのか、

境界線なのか、

あなたとわたしが曖昧になっていく

同じ被写体、同じ撮影者。

二人のクリエイターが表現するものは同じなのか、違うのか。

あなたも、自身の「生死」に対面して欲しい。


トークイベントも開催いたします。

令和3年10月17日(日)13:00~14:30

NAMARA代表・江口歩 氏

一緒に絵本「だいすきなママのかみのけ」も朗読いたします。

こちらは、500円、先着20名様

ご予約ください↓

主催;一了プロジェクト/025-201-923/jov@jov.me

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

移転いたしました